紫外線の強くなる季節がやってきました!

銀座INUDIBAのTakakoです。



年中紫外線はふりそそぎ、雨や曇りの日にもふりそそいでいます。


皮膚の老化現象の、約80%が紫外線の影響である、光老化が原因。

加齢よりも紫外線の方が老化への影響力が大きいのです。




まず、紫外線を浴びると皮膚が赤くなったり、皮がむけたりします。いわゆる日焼けです。

次の段階で、メラニン色素が作られて肌が黒くなりシミが悪化します。

 
さらに、紫外線から守ろうとするときに活性酸素が発生し、皮膚の細胞がダメージをうけます。

これらがシミ、シワ、たるみの原因になり、老化が進んでしまいます。



でも、紫外線量が年々増加している上、暑い時期は汗と皮脂で日焼け止めが落ちやすい。

ということは、日焼け止めを塗っても紫外線ダメージをゼロにすることは不可能に近い?



紫外線から肌を守ろうとするときや、体が酸素を利用しようとするとき、「活性酸素」が生じます。

そしてこの活性酸素によって体が酸化すると老化の原因になります。

ビタミンC、E、βカロチンなどの抗酸化物質は"酸化されやすい"という性質があり、活性酸素によって体が酸化されてしまう前に、抗酸化物質が優先して酸化されます。


ちなみに、ビタミンCは飲むより肌に塗った方が、効果が高くなります。


紫外線を浴びる前、浴びた後のビタミンのイオン導入は特におすすめです。



シミやそばかすはメラニン色素によって発生します。
ビタミンCは、このメラニンができるのも防いでくれます。

またメラニンには、「ユーメラニン(濃い・シミの原因)」「フェオメラニン(薄い)」の2種類があり、ビタミンCは、濃いほうを薄いほうに変換させる働きがあり、できてしまったシミを薄いメラニンに変換することで、目立たなくしてくれます。


活性酸素は炎症を引き起こし、ニキビを発生させます。

ビタミンCは炎症を抑え、ニキビを改善してくれ、さらに、皮脂分泌コントロールにより、オイリー肌やTゾーンのテカリを防ぎ、毛穴を引き締めてキメを整える効果もあるそうです。



これから10年、20年後のお肌を考え、しっかりした紫外線対策を行っていきたいですね。



-----