こんにちは。銀座INUDIBAのTakakoです。
3月18日は「世界睡眠デー」
これは、世界睡眠医学協会(World Association of Sleep Medicine)が定めたもの。
日本でも関係団体等は、これを取り入れ、「睡眠の日」として啓発活動などを行っているそうです。
残念なことに、日本人の睡眠時間は世界と比べてみると、かなり少ないと言われています。働き者の日本人は、その分大切な睡眠時間を削っている人が多いのかもしれません。

仕事も大切ですが、睡眠がきちんと取れていないと集中力やパフォーマンスが落ちてしまいます。また体調も崩しやすくなるため、結果的に効率が悪くなります。
30歳以上の女性は特に要注意!
NHK放送文化研究所が行った調査「日本人の生活時間・2010」によると、日本全体の睡眠時間が減っており、中でも最も睡眠時間が短いのは40代女性(6時間28分)という結果に。またとくに30〜50代と70代以上の女性は、23時以降テレビなどを見ることにより、就寝時刻が遅くなっているということです。

30歳過ぎると痩せにくくなるとよくいわれます。成長ホルモンは“年と共に減少”します。成長ホルモンは脂肪燃焼をしてくれるダイエットは“年と共に減少”します。成長ホルモンは脂肪燃焼をしてくれる重要なホルモンで、睡眠によっても分泌されるため、30歳以上の人は睡眠時間をぜひ見直してもらいたいです。

また、睡眠不足はボディラインだけでなく顔まで変えてしまう恐れがあります。「顔の作りが将来変わっちゃう!?睡眠不足が及ぼす恐ろしい影響」では、実験に睡眠不足によってまぶたが下がったり、シワが深くなったり、法令線が下がってきたり、クマがより黒くなるなどが実験でわかっているそうです。

 睡眠を促してくれるアイテムとして“青汁”がおすすめです! とくにケールを使った青汁には眠りをってくれるメラトニンが多く含まれているため、入眠時にかなりおすすめ。青汁というと朝のイメージがありますが、これからは寝る前に飲んでスムーズに眠りについてください。

 睡眠の大切さを今一度感じて頂き、 今夜からさっそくたっぷり睡眠を取てください!





-----