こんにちは。銀座INUDIBAのTakakoです。

身体の部分で年齢を感じるさせるひとつに「肩から背中の丸さ」とよく耳にします。

デスクワークや運動不足などで猫背になると、背中の筋肉は、頭や肩、腕が前に引っ張られるのを元に戻そうとして、常に緊張した状態に。
緊張して疲れた背中や肩の筋肉は、疲労物質が溜まり、それを流そうと水分を溜め込むので、パンパンに張り、コリやむくみの状態になるのです。
筋肉がパンパンになると、血管が圧迫されて老廃物が流れにくくなり、余分なお肉がつきやすくなります。

つまり、猫背は、背中のお肉の大きな原因。

猫背になると、肩や腕が前に重くのしかかるので、肩甲骨が肋骨にべったりとすき間なく張り付きます。
さらに周りの筋肉が凝り固まって、肩甲骨が自由に動かし難くくなってしまうのです。


右肘を曲げて、手首を腰に回してみてください。
左手を下から後ろに回して、右の肩甲骨を探してみます。
右の肩甲骨の内側に指を入れてみます。
同様に反対側も行ってみましょう。
肩甲骨の内側に入れる手の指は、第一関節までを差し込めると理想的です。


肩甲骨周辺には、褐色脂肪細胞と言って全身の脂肪を燃焼させるスイッチとなる細胞もあります。
肩甲骨が自由に動くことは、全身のシェイプアップにも効果的なのです。

「肩甲骨は上半身の骨盤」とも言われ、上半身の健康状態や姿勢をコントロールしています。

肩甲骨周りの老廃物や余分な水分を整えて、後ろ姿美人を目指しましょう!
→http://www.inudiba.com/price/menu/campaign/





-----