銀座駅徒歩5分のインディバ専門店 インディバラボ銀座

インディバ施術歴8年以上の技術者のみで構成される実力派インディバ専門店インディバラボは『INUDIBA』(イヌディバ)の姉妹店。 銀座駅徒歩5分、年中無休11:00〜21:00まで営業の 最高出力のインディバ最新機種「ER45」の専門店です。 高い技術と豊富な施術経験で、頭皮からお顔・ボディまでくまなくハイレベルなインディバ施術を提供しております。

インディバ施術歴8年以上の技術者のみで構成される実力派インディバ専門店インディバラボは『INUDIBA』(イヌディバ)の姉妹店。 銀座駅徒歩5分、年中無休11:00〜22:00まで営業の 最高出力のインディバ最新機種「ER45」の専門店です。 高い技術と豊富な施術経験で、頭皮からお顔・ボディまでくまなくハイレベルなインディバ施術を提供しております。

スタッフ日記


こんにちは、銀座INUDIBAのTakakoです。

5月29日は「こんにゃくの日」です!
 5・2・9(こんにゃく)という語呂合わせと、こんにゃく芋の植えつけが5月に行われることから、平成元年に全国こんにゃく協同組合連合会によって定められたそう。
普段は脇役のおかずとして食卓に登場することが多いこんにゃくですが、メイン料理としてもりもり食べてみてもいいかもしれませんね?

こんにゃくのプリプリッとした食感は、こんにゃくに含まれる「こんにゃくマンナン」という食物繊維が、あくのアルカリ性物質によって固まることで生まれます。
この「こんにゃくマンナン」には、ブドウ糖の急激な吸収を抑制する効果があると言われていたり、噛み応えがあるので満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防げたりと、身体にうれしい効果が満載です。
こんにゃくには、食物繊維やカルシウムが豊富に含まれており、整腸作用・便秘解消作用・肥満や生活習慣病の予防改善など、さまざまな健康効果があることが明らかになっています。
こんにゃくやしらたきは、約97%が水分なのでカロリーはほとんどありませんが、グルコマンナンという食物繊維を含んでいます。
食物繊維というと便通を良くしてくれることで有名ですが、食前や食事と同時に摂ると血糖値の上昇を抑える働きもあるので、ダイエット時の糖質の調整にも一役買ってくれる食材です。

低カロリーなので、ダイエット中の人でもたくさん食べて満腹感を得ることができる強い味方です。
お手頃価格で低カロリーなこんにゃくは、実は美肌作りにも役立ってくれる優秀な食材なんです。
しらたきご飯や、麺類の代わりの糸こんにゃく、甘辛く味付けしたこんにゃく炒めなどにすれば、お腹も満足してダイエット中の味方になります。

ヘルシー&低カロリー&安価という優秀食材。毎日のおかずに取り入れることをおすすめです





-----


こんにちは、銀座INUDIBAのTakakoです。

あまり食べないのに太ってしまう人、食べても太らない人がいるのはなぜなのか?
年齢とともに太ってしまうのはなぜなのか?
実はこのように差が出てくるのは、個人の“基礎代謝量”が大きく影響されます。

基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命を維持するために消費されるエネルギーで、眠っている間でも消費されています。
人間が生きていくうえで絶対に消費されるエネルギーです。
基礎代謝は男性16歳、女性14歳をピークに下がります。基礎代謝は消費される全エネルギ約70%を占めています。

基礎代謝が上がると、運動をしていないときでも消費エネルギー量が増えるので太りにくい体になります。
逆に、基礎代謝が低いと太りやすい体になり、基礎代謝を上げることがとても重要です。

基礎代謝を上げるには、運動によって筋肉をつけること、高タンパク低カロリーの食事、身体を温めることが必要になります。

基礎代謝を上げる近道は、平熱を上げること。
体温が高いということは、身体がエネルギーを燃やして熱を作っているということなので、何もしないでも消費されるカロリーが高くなるということです。


ちなみに、インディバのトリートメントでは、高周波で生じるジュール熱により体内組織の温度を一時的に1〜7℃上昇させることが可能です。
http://www.inudiba.com/


■カラダを温める食品

カラダが冷えると、臓器の働きが鈍り、基礎代謝が低下してしまいます。
汁物や鍋物のような温かい料理でカラダを内側から温めましょう。
また、カラダを温める成分を含む食品も効果があります。
〈カラダを温める成分〉
カプサイシン  : 唐辛子・チリペッパー・カイエンペッパー
ショウガオール : 生姜
硫化アリル   : ネギ・玉ねぎ・にんにく・ニラ・らっきょう
ビタミンE   : かぼちゃ・さつまいもうなぎアーモンド・ゴマ

 
■代謝を高めるアミノ酸

筋肉のもととなるタンパク質は、アミノ酸から作られています。
そのなかでも、脂肪を燃焼してエネルギーにする効果の高いアミノ酸があるので、積極的に摂りましょう。
〈代謝を高めるアミノ酸〉
リジン : 魚介類・肉類・レバー・牛乳・チーズ・大豆・白花豆
アルギニン : 鶏肉・豚肉・カツオ・大豆・ゼラチン・落花生
アラニン : 鶏肉・しじみ・帆立・イカ・サワラ・鮭・シラス・アジ
プロリン : 豚肉・カツオ・チーズ・ゼラチン・麩 

 
■代謝をサポートするビタミンB群

糖質の代謝に必要なビタミンB1脂質の代謝に必要なビタミンB2など、ビタミンB群はダイエットに欠かせません。
その他にもB6、B12、葉酸、パントテン酸などがあり、ひとつの食品にまとまって含まれることが多いので、ビタミンB群と呼ばれます。
〈ビタミンB群を多く含む食品〉
豚肉・レバー・うなぎ・青魚・まぐろ・かつお・鮭・卵・牛乳・玄米・納豆・大豆製品・豆類


 ■代謝を促進するヨウ素を含む食品

ヨウ素はヨードとも呼ばれ、甲状腺ホルモンを作る材料になるミネラルです。糖質・脂質タンパク質の代謝促進に役立ちます。
〈ヨウ素を多く含む食品〉
昆布・わかめ・牡蠣・ハマグリ・小エビ・イワシさば・鮭・パイナップル

 

上手に基礎代謝を上げる方法や食材をとり入れ、痩せ体質を手に入れたいですね♪


 

 





-----


5月になりました!!
若葉や彩り豊かな花々が目に眩しい季節。
初夏の香りがし、風が気持ちいいですね〜。

銀座INUDIBAのTakakoです。

夏が近づき薄着になってくるこの季節、身体のいろいろな部分が気になってきますね。

そこで、今月はホームページには載せていない!
ブログをご覧頂いた方限定コースをご用意いさせて頂きました!


足痩せ専用コース セルライト、むくみケア 
(100分) ¥12000


 施術部位                 
★ 脚部前面(そけい部から下)
★ 足裏
★ 脚部背面
★ ヒップ
★ 腰


脚部・ヒップのケアの中でも、セルライト分解に重点をおいたコースです。
かたくなってしまったセルライトは、セルフケアやハンドマッサージで改善はできません。
セルライト化してしまうと、血流やリンパのながれが悪くなり、浮腫みや冷えの原因に。
浮腫みをそのままにしておくと、セルライト化へと悪循環になってしまいます。
マッサージでセルライトに効果だす為に、セルライト化してしまった脂肪を活性化し、燃焼できる質のいい脂肪へと戻してあげることが必要です。


セルライトは特に
太もものつけ根あたり
太ももの裏側全体
ヒップの下部・外側
ひざまわり・ひざの上
ひざ裏からふくらはぎにかけて

このあたりに多く溜まります。
今回は脚部のコースの中でも、とりわけこの部位のセルライト分解を中心にトリートメントしていきます。

脚のコースは人気の高いコースです。
この機会に浮腫みやセルライトのケアをし、今年の夏は美脚を披露していきましょう♪


5月中何度でも受けていただけます。

初回の方は初回割引 こちらをご利用ください→http://www.inudiba.com/price/menu/campaign/#shokai


    

 


 






-----


銀座INUDIBAのTakakoです。

春はデトックスの季節です!
 春の土用は、より毒素の排出が進みます。
この時期に冬に身体に溜まったものを出すことが今年1年を明るく健康に、そして美しく過ごすために大切です。

古来中国春秋戦国時代に発生した、陰陽思想と五行思想が結び付いて生まれた思想の陰陽五行説では、全ての事象を木・火・土・金・水の5つに分類して世界を考えます。
五行説では、春は「木気」、夏は「火気」、秋は「金気」、冬は「水気」、と割り当てられていますが、この中には五行説の重要な「土気」が分類されないことになります。

そこで季節の変わり目で不安定な気の流れの時である立春・立夏・立秋・立冬の前18日間を土気に分類し「土用」と呼ぶようになったと言われています。九星気学でも、土気を代表する五黄土星は、「大地を揺るがしすべてのものを破壊、そして再生させる大きなエネルギーを持つ」という意味を持つそう。
“デトックス&リニューアル”、そして不安定さを象徴しています。

春の土用は4月17日から5月5日

 土用は身体に溜まったものが出やすく、何かしらの不調になりやすい時期です。
不調になる時というのは、身体の中の不調信号を調整しているということです。

春に出てくる山菜類のたらの芽、ふきのとう、タケノコや新芽の菜の花やスプラウト類などを食べて大地からエネルギーをいただきましょう。
これらの食材は身体に溜まった毒素も排出してくれるお手伝いをします。

旬の食事をいただき、気持ち良くウォーキングなどして身体を動かし、明るく健康に過ごしたいですね。





-----




こんにちは。銀座INUDIBAのTakakoです。

最近、お客様からヒップのたるみが気になるといわれます。
パンツ姿になるとヒップラインはどうしてもきになりますね。

ヒップは大きな筋肉から構成されており、鍛えなければ、形が変形しやすいのです。つまり、タレやすい!
たれ尻や大きなお尻の原因は、脂肪と老廃物です。
脂肪と老廃物を取り除くことができれば、キュッと引き締まった美尻を手に入れることができます。

顔には時間をかけているのに、ヒップケアは疎かになってはいませんか?
実は、お尻こそしっかりケアしてあげるべき部位なのです。
それは、日頃から下着や椅子に押しつけられてダメージを受けている部分だからです。

ただ座っているだけでも、お尻は強い摩擦や圧迫によるダメージを受けています。
摩擦や圧迫を受けると、血行も悪くなりますので、むくみの原因にもなり、老廃物がたまりやすくなります。
その上、圧迫により肌の角質の過角化が進み、ニキビや黒ずみなどの原因にもなることがあります。

お尻のケアとして、絶対にやってはいけないことは、ゴシゴシ洗いをすることです。
摩擦は大きなダメージを与えるため、お尻のザラつきやブツブツ、黒ずみなどを招く可能性があります。
しっかりと泡立てた石鹸でやさしく丁寧に洗うようにしましょう。

可能であれば、長時間座らないことが一番ですが、仕事の都合そうもいかないことが多いと思います。
クッションなどでお尻へ刺激を小さくするのも一つの手。
また、時々立ち上がったり軽く歩いたりと動くことやお尻まわり、太もものストレッチ。

それと、インディバで血行、リンパの流れをよくし老廃物を流すことがおすすめです!!


ヒップには年齢がでるといわれます、毎日のケアでお尻をダメージから解放し、美尻を保ちたいですね。





-----


紫外線の強くなる季節がやってきました!

銀座INUDIBAのTakakoです。



年中紫外線はふりそそぎ、雨や曇りの日にもふりそそいでいます。


皮膚の老化現象の、約80%が紫外線の影響である、光老化が原因。

加齢よりも紫外線の方が老化への影響力が大きいのです。




まず、紫外線を浴びると皮膚が赤くなったり、皮がむけたりします。いわゆる日焼けです。

次の段階で、メラニン色素が作られて肌が黒くなりシミが悪化します。

 
さらに、紫外線から守ろうとするときに活性酸素が発生し、皮膚の細胞がダメージをうけます。

これらがシミ、シワ、たるみの原因になり、老化が進んでしまいます。



でも、紫外線量が年々増加している上、暑い時期は汗と皮脂で日焼け止めが落ちやすい。

ということは、日焼け止めを塗っても紫外線ダメージをゼロにすることは不可能に近い?



紫外線から肌を守ろうとするときや、体が酸素を利用しようとするとき、「活性酸素」が生じます。

そしてこの活性酸素によって体が酸化すると老化の原因になります。

ビタミンC、E、βカロチンなどの抗酸化物質は"酸化されやすい"という性質があり、活性酸素によって体が酸化されてしまう前に、抗酸化物質が優先して酸化されます。


ちなみに、ビタミンCは飲むより肌に塗った方が、効果が高くなります。


紫外線を浴びる前、浴びた後のビタミンのイオン導入は特におすすめです。



シミやそばかすはメラニン色素によって発生します。
ビタミンCは、このメラニンができるのも防いでくれます。

またメラニンには、「ユーメラニン(濃い・シミの原因)」「フェオメラニン(薄い)」の2種類があり、ビタミンCは、濃いほうを薄いほうに変換させる働きがあり、できてしまったシミを薄いメラニンに変換することで、目立たなくしてくれます。


活性酸素は炎症を引き起こし、ニキビを発生させます。

ビタミンCは炎症を抑え、ニキビを改善してくれ、さらに、皮脂分泌コントロールにより、オイリー肌やTゾーンのテカリを防ぎ、毛穴を引き締めてキメを整える効果もあるそうです。



これから10年、20年後のお肌を考え、しっかりした紫外線対策を行っていきたいですね。



-----


お花見もできずまま、もう桜も散り始めてしまいました。
銀座INUDIBAのTakakoです。

銀座INUDIBA春のキャンペーンとしまして



・背中、にのうで痩せ 5回券

 年をとるごとに肩周りがまるくなるとよくききます。

 肩甲骨まわりのコリをとり、脇のリンパの流れをよくし、にのうでのセルライトケアをしていきます。
 
 すっきりしたバックライン、すっきりしたにのうでをつっくっていきます。
 

 

・おなか集中ケア 5回券

 腰、お腹の両面ケアすることで、かたく冷えた内臓に働きかけることで内臓脂肪、落ちにくくなった皮下脂肪のケアをしていきます。

 内臓を温めることで代謝アップにもつながります。
 すっきりしたウエストラインをつくっていきます。



・小顔、リフトアップ徹底フェイシャル 5回券

 血液、リンパの流れをよくし浮腫みをとっていきます。

 硬くなった筋肉のコリをほぐし、細胞を活性化することで、リフトアップしたはりのあるお肌をつくっていきます。 

  

    料金 各 5回券 ¥42500 (1回あたり ¥8500)
施術時間 1回 70分
 


 上記の3種類をご用意いいたしました!



にのうで、お腹のコースにきましては、週一回のトリートメントをおすすめしてます。

お顔のコースに関しましては、お顔のコリの状態にもよりますが、二週間に一回のケアがおすすめです。




これから薄着になる季節、薄着になってしまってからでは間に合いません!
薄着になる前に早めのケアをおすすめします♪



-----



銀座INUDIBAのTakakoです。

今、私が気になってるのが、欧米で大ブームのグルテンフリー・ダイエット!

2週間続けると、疲れにくくなったり、お肌がきれいになるということをきき、現在始めて3日目になります。

グルテンフリーダイエットとは
簡単に言うと、小麦を使った製品を食べない食事法です。
グルテンは小麦やライ麦などに含まれているタンパク質の一種。
パンを焼く場合は、グルテンが少ないとふわっと膨らんでくれません。そのため、グルテンが多い麦が必要とされ、品種改良が進みました。
ところが、グルテンに含まれる「グリアジン」が、脳内で麻薬のような役割をしていると分かってきたのです。
つまり、「もっと食べたい!」と要求が高まってしまうのです。
朝、トーストを食べると、昼はパスタが食べたいと思い、おやつにはふわふわケーキをというような、「小麦製品が食べたい」気持ちが起きてしまい、食欲が収まらず、過食状態でカロリーオーバーに。
それだけでなく、小麦に含まれているデンプン質「アミロペクチンA」は、他のデンプン質より血糖値を上げてしまそう。
血糖値が高い状態は糖化を促進します。

つまり、グルテンフリーダイエットとは、糖化による体の劣化を、小麦を抜くことで減らそうというダイエットです。

完全に小麦を抜くのはかなりハードです。調べると、お醤油などの調味料にも小麦は含まれています。
それに、簡単にすませることのできる食事には、小麦が含まれていることが多いことに気づきました。
まずは、パンやパスタ、うどんよりご飯やそばを選び、季節の緑色菜を食べ、和食中心の食事をこころがけてます。
おやつが食べたくなったら、カカオ70%以上のチョコレートやドライフルーツ、和菓子を選ぶだけで、かなり小麦が少なくなります。

まずは、2週間頑張り体調の変化をみたいと思います。


 





-----



こんにちは。銀座INUDIBAのTakakoです。
3月18日は「世界睡眠デー」
これは、世界睡眠医学協会(World Association of Sleep Medicine)が定めたもの。
日本でも関係団体等は、これを取り入れ、「睡眠の日」として啓発活動などを行っているそうです。
残念なことに、日本人の睡眠時間は世界と比べてみると、かなり少ないと言われています。働き者の日本人は、その分大切な睡眠時間を削っている人が多いのかもしれません。

仕事も大切ですが、睡眠がきちんと取れていないと集中力やパフォーマンスが落ちてしまいます。また体調も崩しやすくなるため、結果的に効率が悪くなります。
30歳以上の女性は特に要注意!
NHK放送文化研究所が行った調査「日本人の生活時間・2010」によると、日本全体の睡眠時間が減っており、中でも最も睡眠時間が短いのは40代女性(6時間28分)という結果に。またとくに30〜50代と70代以上の女性は、23時以降テレビなどを見ることにより、就寝時刻が遅くなっているということです。

30歳過ぎると痩せにくくなるとよくいわれます。成長ホルモンは“年と共に減少”します。成長ホルモンは脂肪燃焼をしてくれるダイエットは“年と共に減少”します。成長ホルモンは脂肪燃焼をしてくれる重要なホルモンで、睡眠によっても分泌されるため、30歳以上の人は睡眠時間をぜひ見直してもらいたいです。

また、睡眠不足はボディラインだけでなく顔まで変えてしまう恐れがあります。「顔の作りが将来変わっちゃう!?睡眠不足が及ぼす恐ろしい影響」では、実験に睡眠不足によってまぶたが下がったり、シワが深くなったり、法令線が下がってきたり、クマがより黒くなるなどが実験でわかっているそうです。

 睡眠を促してくれるアイテムとして“青汁”がおすすめです! とくにケールを使った青汁には眠りをってくれるメラトニンが多く含まれているため、入眠時にかなりおすすめ。青汁というと朝のイメージがありますが、これからは寝る前に飲んでスムーズに眠りについてください。

 睡眠の大切さを今一度感じて頂き、 今夜からさっそくたっぷり睡眠を取てください!





-----


こんにちは。

銀座INUDIBAのTakakoです。



昨日、インディバ社のイオン導入機であるビタリオンの研修に行ってきました。



皮膚は外からの侵入を防ぐバリア機能がある為、スキンケアの有効成分は、皮膚への塗布だけでは本来必要な皮膚深部へは届きません。

そのスキンケアの有効成分の分子を細かくし、皮膚深部まで効率よく浸透させるのがイオン導入です。



ビタリオンは他社製品と比較しても高い浸透性や安定性を誇る機械です。

インディバと組み合わせる事で、より一層、溶剤の有効性や有用性を高めることができます。



特にこれからの時期、紫外線が強くなってきます。

紫外線はどれだけ高い数値の日焼け止めを塗ってても、皮膚を貫くといわれます。

日焼け止めは必ず必要ですが、ダメージをうけにくい強い肌を保つことも大切です。



ビタミンCはメラニンの抑制や美白作用だけではなく、紫外線から生じる活性化酸素の除去をしてくれる成分です。

活性化酸素は細胞の老化させ、8割は紫外線からの老化といわれています。



これからの時期、インディバフェイシャル+ビタミン導入をオススメします!














-----

↑このページのトップヘ